写真にこだわる

写真の楽しみ方それぞれ。デジタルからフィルムまで、さまざまな話題を提供します。市川泰憲

写真家 芳賀日出男さんとの思いで

 「巨星墜つ」とはまさにこのようなときに使うのでしょう。民俗写真家の芳賀日出男さんが去る11月12日に102歳でお亡くなりになったと、ご子息 芳賀日向さんから連絡をいただきました。日向さんによると、芳賀日出男さんは「人間(じんかん)至る処に青山あり」(人間の死に場所はどこにでもある。世の中を広くわたって大志を抱きたい)が口癖だったというのですが、私は仕事柄さまざまな写真家の先生方と知り合ってきましたが、芳賀先生からはお会いするたびに暖かな両手で握手をされて、励ましの言葉をいただいてきました。実は訃報を知る1年ほど前に、生誕100年ということで、私なりに芳賀日出男さんとの思い出を写真とともにまとめていたので披露します。

■生誕100年記念の写真展

 民俗写真を撮る写真家芳賀日出男さんが生誕100年を迎えたということで、2021年12月にキヤノンギャラリー銀座と2022年2月に大阪で “芳賀日出男生誕100年記念” として「日本の民俗」写真展が開かれました。
 芳賀さんには、私が編集者時代にライカで撮った作品とともに原稿をいただくときに何かと目をかけていただきました。それに加えて月刊「写真工業」で2008年2月号から4ヵ月にわたって『祭りと民俗を撮る芳賀日出男』というタイトルでフォトジャーナリストの新藤健一さんが、取材したときの86歳までの芳賀さんのお仕事を克明に紹介したことがきっかけでした。
 その過程で一番印象に残ったのが、新藤さんはじめ多くの写真家とジャーナリストとともに2008年の2月に伊豆高原のホテルに泊まり込み、芳賀さんがなぜ民俗写真を撮るようになったか、誰の影響を受けたかという話を写真を交えて聞いたことは、いま考えると素晴らしい勉強会でした。

 芳賀さんは1921(大正10)年に父親が満鉄に勤めていた時に中国大連に生まれ、18歳の時に日本に来て慶応義塾大学文学部に入学し、中国語を少し話せたことから中国文学を学んだというのです。大学は学徒出陣で1944年に卒業し、海軍に入隊して戦後は1947年から日本通信社に勤務した後、1952年父親の故郷である福島に行き正月の行事を見て、ここで民俗学者柳田国男折口信夫のいう祭事がたくさん行われていて、民俗の写真を撮れば、喰えるかどうかはわからないがと民俗写真を撮りだしました。1955年には人類、考古、言語、宗教、民族、民俗、社会、心理、地理の九学会連合会の奄美大島共同調査の写真スタッフとして加わり、奄美諸島の写真を撮り、1956年には「奄美の島々」毎日新聞社、1957 年には「珊瑚の島々」平凡社、1959年には「田の神 日本の稲作儀礼平凡社、などを出版し写真展を開いていますが、1985年には芳賀ライブラリーを開設し、現在はご子息の写真家芳賀日向さんが引き継いでいます。

 勉強会では、芳賀さんと民俗学者宮本常一との関係、さらには一緒に九州を旅したときの写真を前に熱く語られましたが、1962年にはオリンパスギャラリーで「宮本常一と歩いた九州」というテーマで写真展を開いています。

オリンパスペンをメモ代わりに使う宮本常一(1962)を語る≫

長崎県五島の三井楽(みみらく)の隠れキリシタンの墓について語る≫
 その後、幾度となく芳賀日出男さんにはお会いしていますが、2022年のキヤノンギャラリー銀座の展示にはご子息日向さんと顔をだされ、大阪会場へはコロナのまん延防止法措置のためにやむなく中止されたようですが、東京でお元気に過ごされているだろうと思っていた矢先に、お亡くなりになったと知らせを受け、改めてご冥福をお祈りするしだいです。合掌。

 

≪フォトギャラリーシリウスにて、2008年1月、右から、芳賀日出男さん、杵島隆さん、木村惠一さん、芳賀日向さん≫

≪写真弘社フォトアート銀座にて、新藤健一緊急レポート「東日本大震災の現状」展、左:芳賀日出男さん、右:新藤健一さん≫

昭和のレンズ 「伊香保三昧」

■シン昭和のカメラとレンズの写真展に参加

 2022年11月3日(木・祝)~5日(土)の3日間、東京東小金井のマロンホールで開催された「第7回、シン昭和のカメラとレンズの写真展」に参加しました。写真を楽しむ者として、お誘いを受けた写真展にはなるべく参加するようにと心がけていて、できるだけ新作をもって臨みたいと考えています。この写真展は、タイトルにあるようにある意味でカメラとレンズを主体とした写真展ですが、主催者の考えでは単なる作例でなく作品にストーリー性を持たせてほしいというのです。

 まず最初に考えたのは、どのようなカメラとレンズを使おうかと考えたことです。昭和の時代というと大雑把にいうと1930年代から1980年代ぐらいでしょうか、私自身はカメラもレンズも古いのから最新のものまで興味の対象ですが、必ずしもコレクターといわれるほどの物持ちではありませんので、そこでわが家の収蔵庫をひっくり返し探し当てたのは昭和時代の“超広角レンズ”の2本でした。

 

■使ったのは昭和の超広角レンズ、キヤノン25mmF3.5とレビューノン24mmF4

 キヤノン25mmF3.5」(左)は、トポゴンタイプの5群5枚構成(構成枚数表示は当初はキヤノンカメラミュージアム内の表示に従って3群5枚構成と記述しましたが、本記事をきっかっけにキヤノンOBのカメラ好きNGさんが校正枚数表示がおかしいと異議を唱えて上申し、2022年11月22日現在で5群5枚構成と訂正され、長い間のこのレンズ構成の謎を閉じました)のレンズ。距離計連動機用のスクリューマウントで一眼レフ用ではありませんが、発売が昭和31(1956)年ということで焦点距離がレビューノンの24mmと近似しているので使ってみました。当時としてはF3.5と明るく、最後部1枚の並行平面ガラスが画質的に効果をもたらすかで話題を呼んだレンズですが、70年代の日本の写真家が多くのこのレンズを使った作品を残しています。

 「レビューノン24mmF4」(右)はドイツの通販会社フォトクエレの製品ですが、製造は西ドイツのENNA社でLithagon、Ennalyetなどの名でも販売されていました。昭和35(1960年)頃の発売、7群7枚構成で、ミラーアップしないで使える超広角24mm焦点距離のレトロフォーカスタイプレンズの最初とされています。レンズ鏡胴、絞りリング、M42スクリューマウント部、最後部鏡枠までエンジニアプラスチックで作られていますが、時代を考えるとかなり高度な樹脂加工技術をENNA社が保有していたことがわかります。

 

■撮影地は群馬県伊香保温泉

 主催者はテーマ性を持たせてというので、コロナ禍の控えめの夏休暇して群馬県伊香保温泉に行くので、その地域に的を絞って撮影しようと考えました。伊香保温泉に通い出して30年は超えたでしょうか。この間さまざまな移り変わりを見てきました。今回の写真展に合わせて改めて伊香保の町を撮ってみようと考えたのです。
 そもそも私が通って面白いと思ったのは、戦前からの歴史ある温泉地だけに、古い写真の宝庫といえる町でもあります。かつては渋川から路面電車が走っていたこともあり、石段に製糸工場で働く女性たち100人近くが整列し、社旗を持った経営者が中心に座った記念写真も残っています。また近くには高崎練兵場跡や相馬原駐屯地もあり、歴史的にも興味をひかれる町です。30年ほど前には残っていた温泉場特有のストリップ劇場も今は影も形もありません。そのような中でいくつか変わった動きがでてきました。今回はそのような場所を、古いレンズを携えて伊香保温泉街のある山裾から順に撮影して行きました。

 

佛光山法水寺

 台湾のお寺で世界中に300以上の別院を持つとされる「佛光山寺」の日本の総本山。敷地内の駐車、施設の見学は無料のうえ、写経や座禅なども無料というから新しい観光スポットとなっています。階段を上った山門からは眼下に渋川市内、目を転じれば赤城連山も絶景です。寺院内にはべジカフェ滴水坊があり、台湾バーガーやべジそぼろ丼などの軽食もあります。

≪わが身かな≫ 法水寺、レビューノン24mmF4、目測、F8・1/400秒、ISO125

≪大きく息を吸ってハイ≫ 法水寺、レビューノン24mmF4、目測、F8・1/640秒、ISO125

≪山門前からの赤城連山≫ 法水寺、レビューノン24mmF4、目測、F8・1/400秒、ISO125

 

◐水澤観音

 1300年の歴史がある天台宗の古刹、坂東三十三ヶ所の十六番札所となっています。境内にある六角二重塔は手すりを押して回すことができ、3回、廻るとご利益があるとか。

≪親子で3回廻れば≫ 水澤観音・六角二重塔、キヤノン25mmF3.5、目測、F8・1/30秒、ISO720

≪信心≫ 水澤観音・十二支の守り本尊、キヤノン25mmF3.5、目測、F8・1/80秒、ISO360


伊香保温泉街

 すっかり変わってしまった古くからの温泉街の中に昔を探してみました。いまも変わらない石段街、ひっそりとたたずむ昔のスナック、ここには珍しく今も射的場が健在なのです。

与謝野晶子でVサイン≫ 伊香保温泉街、レビューノン24mmF4、目測、F8・1/50秒、ISO125

≪欲しいものあるのかな≫ 伊香保温泉街射的場、レビューノン24mmF4、目測、F8・1/30秒、ISO900

≪栄枯盛衰≫ 最後の開店はいつ、伊香保温泉街、レビューノン24mmF4、目測、F8・1/30秒、ISO500

 

■昭和の時代の超広角レンズ

 今回の撮影は、絞り値をすべてF8に統一し、ピント合わせは目測で行いました。使用ボディはミラーレスのニコンZ7です。キヤノンはライカスクリューマウント、レビューノンはM42一眼レフ用レンズですが、同じボディで撮影できたのは、フランジバックの短いミラーレスならではのことで、F8という設定で通せたのは、撮影感度が自動的に変わるデジタルならではの特徴といえるでしょう。写真展ではA3に伸ばしてプリントしましたが、これといって問題ないシャープできれいなプリントに仕上がりました。 (^^♪

伊香保関連記事写真屋さん看板の原点を発見

 

 

『2020~2022年科学少年・科学少女の見た風景』公募写真展に思う

 コロナ禍ですっかり停滞していた写真業界は、写真展などはかなりかつての姿に戻り、わずかながらオープニングパーティも開かれるようにもなってきましたが、完全な回復にはまだまだ時間がかかるようです。そのようなときに、カメラ映像機器工業会(CIPA)の主催する写真展の公募が2022年8月に発表されました。テーマは『2020~2022年科学少年・科学少女の見た風景』とされていますが、このコロナ禍で撮影したお気に入り写真を送れば、全世界に向けたCIPAのWebsiteに掲載されるというものです。応募資格は、元科学少年・科学少女も含むというものですが、つまり年齢・性別は問わないというわけです。もちろん国籍は問われないと思います。

≪虹の向こう≫ あえてタブーを意識して撮影してみました。50mmF1.5、F1.5・1/8000秒、ISO-AUTO125、AWB

◐コロナ禍以降、写真業界は元に戻れるのだろうか?

 実は個人的には、毎年パシフィコ横浜で開催されてきたCIPAの主催するCP+は、この先元の姿に戻れるのか、どのようになっていくのだろうかと業界スズメとしては気になっていたところです。CIPAが異例ともいえるWeb写真展公募を行い、かつての「ホビーとしての王様、写真」をもう一度奮い立たせようという考えのようです。応募に際しては、8月31日締め切りで、氏名、所属、年齢の書き込みなどありますが、私も元科学少年として市場動向を見るためにも応募してみました。

 9月下旬にCIPA事務局から、掲載にあたっての文字と体裁の校正が届きましたが、特に問題ないので戻しましたが、10月3日にはCIPAのWebページにその結果が公開されました。それによると総応募点数は公開されていませんが、入選者数は約45人で、点数は70点を超えていて、男女比は約4:3で、最年少は4歳、最高齢は75歳、年齢構成的には10歳から60歳ぐらいまで、小学生からプロ写真家、大学教授までと幅広いのが特長です。もちろん応募点数はもっと多くても良いのは言うまでもありませんが、その結果からは、いまの写真が置かれている状況が垣間見えてきているのです。その1つが、従来写真は男の趣味というように言われていたのが、女性がかなりの数を占めていることです。もちろん写真専門の大学では女性の占める割合が5割を超えたというのは、かなり以前から言われてきているわけですが、ここでも明確に示されたわけです。

◒少しだけ写真の新しい姿が見えてきました

 このフォトコンテストは、Web上の写真展に向けての公募でしたが、特に入選に順位を付けたわけでもなく、賞品や賞金がでることはなく、あくまでも自分が撮影した写真を見てもらおうということであり、公募規定の中に粗品進呈は明記されていましたが、それがなんであるかは不明で、賞金や景品ねらいの応募ではないのがわかります。そこに見えてくるものは何なのでしょうか。スマホに押されてカメラの消滅を声高らかに訴える人も一部にいますが、実はカメラのデジタル化によって小型カメラで高性能な画像が得られることから、子供からお年寄りまでの方々が日常的に写真を撮りカメラを持つことをの楽しみを覚えたのです。それが、電話機、カメラと一体になり、さらにはパソコンとしての万能ツールを介してのスマホに対して、いわゆるレンズ交換式のカメラを使い、写真ならではの楽しみも幅広い人々に根付いてきたのではないかと思うわけです。これはいままでのプロ写真家や愛好家を含めて多くの人々が特別な目的をもって写真を撮ることとは別の新しい動きだと思うわけです。

≪東京北西部からの富士山≫ 400mmF5.6、F8・1/1250秒、ISO-AUTO100、AWB

 町には写真企業とは一線を画した独立した写真ギャラリーや展示場を多く見かけるようになりました。写真を趣味、ホビーとしてとらえたときに、 いままでの動きとは異なる新たな形で成長してきているのです。もちろんこのような動きは以前からもありましたが、より見えるような形になってきたのが昨今だと思うのです。それをバックアップするのが、写真企業であった時代から、写真好きの個人やグループで、ときには行政であったり、一般企業であったりと、少しずつ変化していくと、日本における写真のあり方が異なってくるのではないかと思うのです。 (^^♪

京セラ 稲盛和夫名誉会長を偲んで

京セラの創業者で名誉会長の稲盛和夫氏が8月24日90歳で老衰で亡くなられた。稲盛さんといえば本業のほかにKDDIの設立や、倒産したJALの立て直しなどで知られていますが、私にとっては1983年にヤシカを吸収合併し、2005年にカメラ事業から撤退しましたが、その間22年間を見てきたことにより、それなりの思いがあります。

≪左:コンタックスRTS(1975)、右:コンタックスT2(1990)≫
  まず、改めてヤシカから京セラ時代までのカメラ技術を振り返ってみたいと思います。ヤシカの時代に一気に高級機としてのイメージを持たせるために発売されたのがカールツァイスレンズを伴ってポルシェデザインで登場したのが「コンタックスRTSシステム」(1975年)です。1976年には水晶発信制御とストロボTTLダイレクト調光を採り入れた「コンタックス139クオーツ」を発売。1978年には、ワインダー内蔵の「コンタックス137MD」、1982年のフォトキナでは交換レンズにAFカプラーを組み込みボディ内モーターAFの試作機「コンタックスAF」、ファインダー内ターゲットフレームが赤くLED点灯する光像式フォーカスエイド機の「ヤシカFA」で試作されましたが、実際のAFカプラー方式のカメラは1985年のミノルタα-7000で、光像式ファインダー測距表示が実用化されたのは1990年のキヤノンEOS10QDでした。
 京セラに吸収されてからの製品は、露出ズラシ機構を組み込んだ「コンタックス167MT」が1987年に発売され、1990年にはフィルムの平面性をだすためにバキューム機構を組み込んだ「コンタックスRTSⅢ」、さらに同年には高級コンパクト機として①チタンカバーボディ、②ファインダー窓面はサファイアガラス、③フィルム圧板はセラミック製、④シャッターボタンに多結晶サファイアガラスを採用、④コンパクトAF機なのにマニュアルフォーカスができるなど京セラならではの特長を備えた「コンタックスT2」を発売、さらに一眼レフでは既存のツァイスレンズをAFで使えるようにとバックフォーカシングの「コンタックスAX」を発売し、1999年には「コンタックス645」を発売、2000年には、フィルムとデジタルのバック交換機として発売した「コンタックスN1」をデジタルバックの出現を見ないまま事実上の開発終了となっているのです。
 これらの流れを見てわかるように、技術的にはユニークさをかなり持っていたカメラメーカーであることはわかりますし、吸収後も、かなり奔放なカメラづくりが許されてきたわけで、それができたのも稲盛さんがカメラに理解があったからだと思う次第です。
 私が稲盛さんにお会いしたのは、1983年の合併の記者会見を八重洲口の京セラビルで行った時ですが、稲盛さんは出席各社にコンタックス137MAをプレゼントするといわれ、その場でカメラの担当者に月内には届けるからと約束されたのはおどろきで、少しでもカメラの売り上げを伸ばしたかったのだと思いました。いずれにしても撤退までの22年間は、写真展会場としてのコンタックスサロンを銀座に設け、雑誌においてもキヤノンニコンに伍して広告を出稿してきたことも素晴らしいことでした。これらのことは昨今のカメラ情勢を考えると夢のようなことだったと思うのです。ご冥福をお祈りいたします。

8月19日は「世界写真の日」

 いまから3年ほど前に、「今日はカメラの日ですね」と写真仲間のKさんが言うのです。えっ、何それと聞き返すと、朝車に乗ってエンジンをかけると、カーナビのオープニングメッセージでいったというのです。その、今日とは「3月19日」なのです。詳しく聞くと、車はトヨタのミニバンで、カーナビは純正で型番はNSCP-W64と記されているからメーカーはパイオニアではないだろうかというのです。なぜ3月19日がカメラの日かということをパイオニアに聞くのもいいかなとも思いましたが、その前にWebで調べてみますと、続々と関連項目がでてくるのでびっくりしました。

 私がおかしいと感じたのは、ダゲレオタイプ公開記念日の8月19日ならわかるけれど、3月19日とはどうしてだろうと考え、調べてみるとでてきました。そこにあったのはWeb検索時代のまさに弊害が見えてきました。まず、Web情報には必ず根っこがあるだろうと調べてみましたら、簡単に間違いの根源らしきサイトを見つけることができました。今日は何の日~毎日が記念日~というサイトですが、そこで3月19日の所に『カメラ発明記念日、1839年のこの日、フランスのルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが写真機を発明した。この写真機は「ダゲレオタイプ」と呼ばれ、長時間露光させるため写真機の前で長い間じっとしていなければならなかったが、大変な人気を集めた』とあるのです。このダゲールが……という件から簡単に間違いと判断できたのは、本来は1839年の8月19日であったのを、1839年の“3月19日”と読み違えたか、ミスタイプしたかなのです。このサイトには使用上の注意というのがあり『当サイトで……情報の正確性は保証しません。……生じたいかなる損害又は利益逸失に対しても、私は責任は負いません。……ご自分で確認をするようにしてください。』と書かれています。このサイトを運営しているのは女性で、間違いを見つけたら連絡くださいとも書いてあります。

 それはおかしいでしょうと、SNS上の写真仲間と話していましたら、それに呼応したようにエレベーター内の液晶パネルに今日はカメラ発明の日とか表示されたり、あげくの果ては、写真業界の中心に存在するカメラやフィルムメーカーまでが3月19日はカメラ発明の日とやりだしたのです。これにはさすがSNSでつながった写真業界に関係する人たちが黙っているわけにいかなくなり、その方面に訂正を入れるよう働きかけると同時に、「今日は何の日~毎日が記念日~というサイト」へ訂正を申し入れてくれたのです。その後、このサイトから3月19日説は削除されましたが、ばらまいた種はまだあちらこちらに残っているのです。その時のやり取りからすると、かなり古い本を引き出し、そこが3月19日としていたというのです。結局このサイトからはカメラの日も消えて、8月19日に変更されてはいないのです。

■写真の日とカメラの日

 さて本題に戻りますが、1839年の8月19日はフランス科学アカデミーでルイ・ジャック・マンデ・ダゲール(Luis Jacques Mande Dauerre)の発明した「ダゲレオタイプ」の公開記念講演が、アラゴー(F.D.Argo)によって行われた日なのです。このダゲレオタイプは、現在は銀板写真とも呼ばれ、当時は“記憶を持った鏡”とも称され注目を集めました。この時印刷されたダゲレオタイプの小冊子は5か月間に29もの異なった版と訳本が欧米が流布されたとされ、如何に写真がこの時代に興味を持って迎えられたかわかります。このダゲレオタイプが公に発表されたのがこの日であり、現在では多くの国で『世界写真の日』と定められ、さまざまなイベントが行われています。

≪左:Louis Jacques Mande Daguerre(1787~1851年)、右:1839年に発売されたジルー商会のダゲレオタイプカメラ。ダゲレオタイプが公開された年にフランスのアルフォンス・ジルー商会からダゲレオタイプカメラが商業的に発売されたので、この年をもって世界で最初のカメラが発売されたとしています≫

≪左:1839年の8月19日にフランス科学アカデミーでLuis Jacques Mande Dauerreの発明した「ダゲレオタイプ」の公開記念講演がF.D.Argoによって行われたときのイラスト。もちろん写真術発明の公開日なので、その時代には写真はないのです。右:2018年に訪れて撮影したフランス科学アカデミー公開記念講演の会議場≫

 1666年に創設されたフランス科学アカデミーはセーヌ川の脇にあるルイXIV世の名の刻まれた建物のなかにあります。イラストと見比べて欲しいが、180年以上たった今日でも、まったく当時のままで今も会議場として使われているところが、ヨーロッパというかフランスらしいところです。

■日本における写真の日

 日本における写真の日は、公益社団法人日本写真協会が日本において上野彦馬が「天保12年にオランダ人から長崎にもたらされ、島津斉彬を写した…」、1907(明治40)年の松木弘安筆の『寺島宗則自伝』に「天保12年上野俊之丞と鹿児島に同行し、6月1日に島津斉彬を撮影…」などから写真の日を6月1日に定め、その後別の史実が明らかになりましたが、6月1日を持って写真の日としているのは日本という範囲でのことであり、そこの部分が明記されているので、特に問題になるとは私は思いません。

8月19日が「World Photography Day」ですが

 私は、あえてこの日を世界写真の日というのを日本でも行いましょうと提起しているわけでなく、やはり怖いのは最初に8を3と誤記、タイプミスしたことから始まり、それがWebに掲載されたとたんに、ネズミ算式に増えていったこと、それを疑わずにコピペした人がどれだけ多かったかということであり、さらには写真企業までがそのような情報を発信しているのは実に嘆かわしいことだと思うわけす。😢